投稿

6月, 2018の投稿を表示しています

テンプレートを定期的にコピーするスクリプト

イメージ
なにこれ? タイトルの通りのスクリプトを作ってみる記事。 困っていたこと ざっくりいうと G Suiteとか業務で使っているとテンプレートファイルを作って、それをコピーして使うようになるじゃないですか。 ただ、そうすると毎回、ファイルを右クリックして、コピーしてファイル名書き換えてとかするわけですよ。 めんどくさい。 具体的に言うとこうして(テンプレートファイルを右クリックしてコピーして) こうして(右クリックして、ファイル名書き換えて) こうする(はぁ、やっとほしいもんが得られた) 作業がめんどくさかったわけです。 そのスクリプトスクリプトの設置方法 事前手順 Googe App Scriptのアプリは事前に追加しておいてください。 『アプリを追加』から追加する  Google App Scriptを接続しておく 手順 そこのディレクトリに行って、ファイル追加と同じ要領で追加してください。 (そこのディレクトリにいく必要はホントは無いけど、運用的にはそこディレクトリにおいておくのが後々のわかりやすさから親切だと思います。)

「決断の本質」をおすすめする

この記事は、以下の本がとう良かったのかを書いた記事です。


サマリー
この本はここ半年で読んだ中でベスト3に入るいい本。物事が決まらんなーと困っている人にぜひ読んでほしい。こんなことが書いてあるよい意思決定とは何か?意思決定に対するベストプラクティス意思決定のベストプラクティスの運用
こんな人には役に立つと思う
こんなシチュエーションを抱えている人にとっては役に立つと思います。

物事は決まらんことが多いと感じている人。決まったと思ったら、後で議論は紛糾するなどを何度も経験した人。決断はいつもやりずらく、どのような順番で、何をどうやって決めていったらいいのかわからない人意思決定をスムーズに進める本とかないんか?とか思っている人 結構あるシチュエーションだと思います。私も明確な正解がない状況で、決断を下すというのは非常に難しいなと思います。特に決断を下すこと自体は決めの問題ではあります。しかし、それがチームに支持され、その決断に従ってチーム全体が行動する、そんな決断をスピーディーにしっかりと決めていくのってほんとに難しいと思います。
だからこそ、この意思決定の手法が存在すること自体に意義がありますし、事例が明示されてることによって、ある程度の確かさも与えてくれています。

どのような場面で役に立つのか? こんな場面で役に立つと思います。

何をどのように決めたらいいのかわからなくなって、決めることができなくなってしまっているとき。いくつかの意見が出て、個々の意見にに誤りはない。ただ、すべてを実行することはできず、どれか一つもしくはいくつかを選べないといけないとき問題すらよくわからず、不透明な状況で物事を決断していかなくてはならないとき何かしらの決定案をブラッシュアップするためには案を出して、それを批判して、洗練させていくプロセスを踏めばよいのは、暗に感じている。しかし、それって本当にそうなのか明確に認識していないとき。この本ではそれが有用に作用している例を提示しています。案を出す、批判するっていうプロセスって、個人的な感情的な対立を産んだりするので、扱いが怖いと思っているとき それをどのように使っていくのか、いつが使い時なのかが提示されています。
また、建設的に解決するためには、どのようにすればよいのかということについても言及されています。
人が困るのは明確な答えがない状況です。…

レビューの目的を設定して、レビューを建設的にしよう

イメージ
最近レビューについては、どのようにやっていけばいいのかなーと思うことがあって、 本を読んでいくことにしたところ、 ある本にとても良いアイデアがあったので、紹介したいと思います。

今回読んだ本はこちらです。

そのアイディアとは、レビューの目的を『修正工数を減らすこと』とすることです。

この本は設計に関するレビューの話ですが、一般的なレビューについても応用できると思います。 レビューの目的とは?まずこの本では明確にレビューの目的を定義しています。
これが大変すばらしいと思い感銘を受けました。

この本で記載されているレビューの目的とは

修正工数を減らすこと

です。

なぜ目的を定義することがすごいと思ったのか?レビューの目的の言語化自体がすごい

レビューの目的を明確に定義されている人は多くないのではないでしょうか?
つまり、それを言語化しただけでもとても意味があることだと私は感じました。

例えば、レビューをするときにこれは本当にここで指摘することなのだろうか? とためらった経験はありませんか?