投稿

7月, 2019の投稿を表示しています

ストレングスファインダーをチームビルディングで使う

そもそもストレングスファインダーはその人が良くやっている思考のパターンや強みを見つけることができるように設計されている。
https://heart-lab.jp/strengthsfinder/

何故、それを見つけることが大事なのか?その基本思想はマーティンセリグマンが研究していたポジティブ心理学における、強みを見つけてある特定の箇所で心理的安全性が高まった人は、ほかの分野でも心理的安全性が高くなり、結果的にパフォーマンスが向上するという研究結果に端を発する。
その研究結果をもとにある特定の領域で心理的安全性を高めるためにはどのような経路をたどるのが一番効率的なのか?というと、自分が強みを持った領域で仕事をすることが心理的安全性を一番高めやすいということがわかっている。
上記のことから、一番パフォーマンスが高まりやすい経路は
- ストレングスファインダーで強みを見つける
- ある分野で強みを使って仕事をする→パフォーマンスが向上する→結果として心理的安全性が高まる。
- 隣の分野とかそのほかの分野でも心理的安全性が高まる→どんな領域でもパフォーマンスが向上する。
となることがわかった。

ということはそもそもストレングスファインダーはチームビルディングで使われるように設計はされてない。
では、じゃあ、チームビルディングでどのようにストレングスファインダーを使うのか?というところの話に戻る。
しかし、チームビルディングでうまく使える方法は僕はあると思っている。

この時チームビルディングというと、心理的安全性を高めることを目的とする。
でも、目的のイメージが分かりずらいと今後の話が意味わからんと思うので、心理的安全性が高い状態ってなに?って話を一回しようと思う。

そもそも、心理的安全性高い状態とは?「他者の反応に怯えたり羞恥心を感じることなく、自然体の自分を曝け出すことのできる環境や雰囲気のこと」です。
https://rework.withgoogle.com/jp/guides/understanding-team-effectiveness/steps/help-teams-take-action/
例えばチームで仕事をするときにおいて、仕事の話をするときに、仕事に対する提案や相談をほかの人の反応を気にすることなくできることや、仕事でしたほうが良いとその人が思っ…

2時間でチームビルディング:ノーミングセッション

時間が2時間ぐらいしかないけどさっとチームビルディングしたいっていうときにおすすめなのがノーミングセッションです。

ノーミングセッションとは? このノーミングセッションの基本的なアイディアは、

自分が果たすべき役割と責任ほかのメンバーに期待することチーム全体のルールであるグラウンドルール
を決めることにあります。

このセッションを経てチームメンバーはどうなるのか?自分が果たすべき役割や責任の認識齟齬がなくなります。メンバーがある役割については自分がすることに対して、心理的な障壁が少なくなり、その役割におけるメンバーの心理的安全性が増します。また、グラウンドルールは判断できることを増やし、意思決定が早くなります。
具体的にはどうするのか? よくやる方法としては、以下のような手順で開催します。 模造紙をチームメンバー分用意してチームメンバーに配ります。メンバーに配られた模造紙は彼のことが書かれる模造紙になります。次にチームメンバーに自分が果たすべきだと思っている役割と責任を自分に配られた模造紙書いてもらいます。(15分)ここでメンバーは自分が期待されていると思っていることを書き出しています。次にチームメンバーはほかのチームメンバーに期待していることを付箋に書き出していき、それをほかのメンバーの模造紙に貼ります。(5分×人数分)この段階であるメンバーが果たそうと思った役割とほかのメンバーから期待されている役割の認識齟齬が可視化されます。メンバーに対して一人ずつ、自分はどう思ってこの模造紙に記載したのか、ほかのメンバーはその人に対して、どう思って期待していることを書いたのかを話し合って、どこが期待値がずれていたのかを話し合います。(20分×人数分)最後に、この辺は上記の話し合いの結果を何かに反映します。(10分)チームが決めておいた方が良いグラウンドルールを決めてもよいし役割が比較的明らかになった場合は明示的に役割分担してもよいです。 おすすめなシチュエーションチームの役割分担が良く分からんという課題感がある場合チームの目標が明らかな場合。
時間はどのくらいかかるのか? 4人くらいのチームだと2時間くらいです。
必要なもの模造紙:人数分(ホワイトボードでも可)付箋紙:人数分ペン:人数分

このノーミングセッションはケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズによって発案されています…