ストレングスファインダーをチームビルディングで使う

そもそもストレングスファインダーはその人が良くやっている思考のパターンや強みを見つけることができるように設計されている。
https://heart-lab.jp/strengthsfinder/

何故、それを見つけることが大事なのか?その基本思想はマーティンセリグマンが研究していたポジティブ心理学における、強みを見つけてある特定の箇所で心理的安全性が高まった人は、ほかの分野でも心理的安全性が高くなり、結果的にパフォーマンスが向上するという研究結果に端を発する。
その研究結果をもとにある特定の領域で心理的安全性を高めるためにはどのような経路をたどるのが一番効率的なのか?というと、自分が強みを持った領域で仕事をすることが心理的安全性を一番高めやすいということがわかっている。
上記のことから、一番パフォーマンスが高まりやすい経路は
- ストレングスファインダーで強みを見つける
- ある分野で強みを使って仕事をする→パフォーマンスが向上する→結果として心理的安全性が高まる。
- 隣の分野とかそのほかの分野でも心理的安全性が高まる→どんな領域でもパフォーマンスが向上する。
となることがわかった。

ということはそもそもストレングスファインダーはチームビルディングで使われるように設計はされてない。
では、じゃあ、チームビルディングでどのようにストレングスファインダーを使うのか?というところの話に戻る。
しかし、チームビルディングでうまく使える方法は僕はあると思っている。

この時チームビルディングというと、心理的安全性を高めることを目的とする。
でも、目的のイメージが分かりずらいと今後の話が意味わからんと思うので、心理的安全性が高い状態ってなに?って話を一回しようと思う。

そもそも、心理的安全性高い状態とは?「他者の反応に怯えたり羞恥心を感じることなく、自然体の自分を曝け出すことのできる環境や雰囲気のこと」です。
https://rework.withgoogle.com/jp/guides/understanding-team-effectiveness/steps/help-teams-take-action/
例えばチームで仕事をするときにおいて、仕事の話をするときに、仕事に対する提案や相談をほかの人の反応を気にすることなくできることや、仕事でしたほうが良いとその人が思ったことをほかの人の反応を気にすることができるなどがある。
こういう具体例を挙げられると、心理的安全性が高い状態というのは仕事に対して、良い状態が生まれるように思える。

では、次に心理的安全性を高めるためにはどうすればいいのか?という話に戻る。それも仕事でパフォーマンスが向上する以外の方法で心理的安全性高目る方法が知りたい。
今は特に、ストレングスファインダーを使った方法が知りたい。

人間は心理的安全性が高まるのは自分の価値観が相手に理解された経験があればあるほど高まる。つまり、チームビルディングでは自分の価値観を話す機会を提供して、それを受け入れられる経験を積みたいと思うわけです。
しかもそれが自分の強みの領域の箇所で受け入れられれば、今後それが発揮されやすくなるし、価値観が大事にされていると感じる。

ここで思い出してほしいのは、ストレングスファインダーはどのようなテストだったのか?ということです。

ストレングスファインダーはその人が良くやっている思考のパターンや強みを見つけることができるように設計されています。
なので、その人の価値観が表れている可能性が高いです。

なので、ストレングスファインダーを一回やってもらって、その文言のワードから想起されるような過去の出来事を思い出してもらって、それを話してもらう。なるべくなら、その時した行動や、その行動をした理由、何を見て、何を聞いて、何を感じたのかを詳細に話してもらうと良い。

想起されるしてもらう期間は時間があるならば、幼少期(小学生くらいまで)、青年期(大学くらいまで)、それ以降、で一つずつピックアップするのが良い。

この3つの期間をピックアップしたのは人の思考パターンというのは大体10歳くらいまでに大体固まるといわれているため、10歳くらいまでの思い出がその人の根っこを形成している可能性が高いから。
とはいっても、その後考え方っていうのは変わっていくので、その後2つの期間も出してもらった方がよい。また、最後の期間は仕事の話とかになりやすいので、最後は一番ほかの人に共感を呼びやすいので3つくらいだしてもらうのがよさそう。

で、この話を一人ずつしてもらって、ほかのメンバーはそのやっているときに話している人が何を見て、何を感じて、どうしたのかを理解できるように努める。

すると、その人の考え方が理解できるし、話した人としても受け入れられた経験ができるので、心理的安全性が高まるということになりそう。

まぁ、1on1とかそのあたりの経験をもとに、こんな感じでやれば、心理的安全性が高まりそうだな。って思った妄想でした。何か役に立てば。

0 件のコメント :

コメントを投稿