投稿

12月, 2018の投稿を表示しています

DDDと私

イメージ
Table of Contents 最初に DDDとの出会い DDDに近づく。オブジェクト指向に興味を持つ DDDと再び出会う 現在、DDDとともに 最初に こんにちは moai です。 この記事は、 ドメイン駆動設計 #1 Advent Calendar 2018  の7日目です。 昨日は、 @kawakawa さんによる ドメインオブジェクトとユースケースの関係について でした。 今回は私とDDDの話をしようかなと思います。 ここでは、手法の話はしません。 手法の話をご期待の場合は、ご期待には沿えませんので、どうぞこちらでおかえりください。 DDDとの出会い 私がDDDに出会ったのはおおよそ二年前のことでした。 Amazonの購入履歴を見るに、わたしは2016/02/21に エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計 を買ったようです。 しかし、その時は第一部を読んで満足したような気がします。 ざっくり言うと良さがあんまりわからずに、途中で読むのをやめちゃったんですね。 だって、分厚いんだもの。 そのころ、私は新規開発をたくさんするようになったものの、 CRUDに非常に近い機能を作っており、 DBにうまく値を格納するかに熱心でした。 例えば、あるテーブルのデータをPDFに乗せるとか、 テーブルのデータを使って一覧画面をつくりソートするとかですね。 PDFにデータ載せて、こんなの作ったり、 一覧画面を作ったり。(これは弊社の今の画面なので、とても奇麗ですが昔はもっとおぼこい感じでした。) そのため、そのころ読んでいたのは Data Modeling Resouce Book という 世の業務アプリケーションで使われているモデリングはこうなっているんだよという本を熱心に読んでいました。 そのころ思っていたこととしては、 うまくテーブル設計できていれば、 モデルの設計はあとからちゃんとついてくると信じていました。 何なら、DDDなんか知らなくても、俺は俺の最強のアプリケーション作れると信じていました。 そして、なんなら英語の本まで参照しちゃう俺すごい、くらいに思っていました。 今思うと、それは正しい局面もあれば、少し複雑になると正しくない局面もあると